〒507-0805 岐阜県多治見市新富町2-12

0572-22-2490

今月の給食

今月の給食

6月13日(木) 【人参ゼリー】

※ 自園調理にて、手作り給食を提供しています。

「お肉大好き!」「ハムが好き!」「野菜はちょっと(‘_’)!」

野菜の苦手な子ども達のために、人参が好きになってもらえるように、

すりおろし人参を使い、にんじんゼリーを作りました。

野菜だけでは甘みがないので、オレンジジュースも加え、子ども向きにみかん缶も使います。

甘みがもう少しほしかったので、三温糖も少し入れました。

ビタミンカラーのゼリーになりました。

初めて食べる物には、抵抗を感じる子もいますが、お味はどうかな?!

冷たく冷やしていただくデザートは、夏向きで美味しかったよ(^-^)

 

   

 

 

 

 

 

6月5日(水) 【大豆とじゃこのカリカリ炒め】

※ 自園調理にて、手作り給食を提供しています。

前日 大豆を浸水し、当日 柔らかくゆでた煮豆とじゃこを甘辛く炒め煮します。

大豆は”畑の肉”なので、栄養満点です。

年少さんは、どうかな?・・・ 納豆の好きな子が多い年少さんは、パクパクと美味しそうに食べていました(^u^)

年中さんも、お箸を上手に使い、煮豆をつまんでパクパクと食べていましたよ!!

しっかりよく噛んで、食べることを心がけましょう!

 

 

 

 

5月22日(水) 【小豆寒天(^u^)】    

※ 自園調理にて、手作り給食を提供しています。

今日は給食室で、あんこを煮ていました。

ざらめを加え、甘さ控えめに作ります。

朝一に作り、粗熱が取れたら、冷蔵庫でガンガンに冷やします。

夏のような暑い一日だったので、冷たいデザートを美味しくいただきました(^v^)

❤ 年少さんの中には、つぶあんの苦手なお子さんもみえますが、少しづつ慣れられるといいですね!!

次回また作ります ❤ 

           

 

5月17日(金) 【かつおのしぐれ煮】

※ 自園調理にて、手作り給食を提供しています。    

毎年恒例の鰹を使ったしぐれ煮を、園で作りました。

生の鰹を納品していただき、小さくカットし、醤油・酒・味醂・ざらめ・生姜で汁気がなくなるまで煮詰めます。

今回は、糸蒟蒻も加えてみました。

白いご飯の上にのせてもらい、みんなで初夏の味を楽しみました。

魚の苦手なお子さんも、パクパクと食べられましたよ(*^_^*)

5月16日(木) 【ごもくラーメン(^u^)】

※ 自園調理にて、手作り給食を提供しています。

にぼしの頭・内臓・大きな骨を取り除き、弱火でじっくり煮込んだおだしと鶏肉 たくさんの野菜を入れ、

ラーメンのスープを作ります。(味を整えるため、少し鶏ガラスープも加えます)

和風のラーメンですが、スープの中に入っているカタクチイワシというお魚も食べられ、

心も体も温まりました(^-^)

               

4月26日(金) 【 お誕生日メニュー(*^_^* ) 】

※ 自園調理にて、手作り給食を提供しています。

子ども達の一番人気のカレーライス(^v^)♥

野菜の少し苦手な子も、今日はいっぱい食べました\(~o~)/

幼稚園の甘口カレーのお味は、どうだったかな~?

バナナやりんご 缶づめフルーツが入ったヨーグルトサラダも、冷たくて美味しかったよ(^-^)♥

おやつの時間に、みんなでかしわ餅を食べました。

 

 

 

 

 

 

4月23日(火) 【 肉団子スープ 】

※ 自園調理にて手作り給食を提供しています!!

手作りの肉団子を作って、春野菜をたくさん入れてもりもり食べました。

いっぱいおかわりしました!おいしかった~(*^。^*)♡

 

 

 

 

 

4月18日(木) 【 フルーツ寒天 】

※自園調理にて、手作り給食を提供しています。

缶づめのフルーツを使い、手作りフルーツ寒天デザートを作りました。

砂糖はいっさい使わず、缶づめフルーツの甘さだけなので、さっぱりしています。

甘さ控えめなので、とても食べやすいようです。

年少さんも、いっぱい食べておかわりもしていました。!(^^)!(^^)!

これからも季節の果物を使った、手作りデザートを作る予定です。

 

 

 

月17日(水) 【 金時豆の煮付 】

※自園調理にて、手作り給食を提供しています。

”今日の給食な―に?” と聞かれ”金時豆だよ。”って答えると、

”あの甘くておいしい豆だね!!”と返してくれます。

実は年少さんの頃は、ほとんどのお子さんは苦手で食べたくない子がとても多い食材です。

年少さんには馴染みのないものなので、「これ、なーに??」と、はじめは少し抵抗がある

ようです。

でも弱火でじっくり煮込んだ金時豆は、ホクホクしていて自然な甘さがあります。

栄養もいっぱいあります。苦手な食材でもまず一粒から、食べられるようになれることを

願い、また給食室で作ります。

いつも心がけている事は、園児さんの給食=薄味でも美味しい給食。

そして季節の野菜が好きになってもらえるように、最初は小さく食べやすく調理しています。

 

 

 

 

4月15日(月) 【 ふきの味ごはん 】

子どもたちに春の香りを感じてもらおうと思い
春の山菜ふきを使って「ふきの味ご飯」を給食に出しました
少し苦みを感じる野菜なので、年少さんは初めて食べる子もあり、
ちょっと躊躇しながら食べている子もいましたが、年中さんや年長さんは毎年4月になると登場する献立なので、
パクパクと食べておかわりもいっぱいしてくれました。また5月に作ります。楽しみにしていてね(*^_^*)

 

ページの先頭へ