MENU
[イメージ]

被服科

和裁・洋裁に関する高い技術と知識を身につけ作品を通して自らを表現する

1年次に学ぶファッションの基礎を土台として、2・3年次は和裁・洋裁の高度な技術と知識を習得し、それを作品として表現していきます。
高校3年間をとおして、本校でしか身につけられない技術を磨き、「モノを作ること」の楽しみを見出します。

[写真]
[写真]
[写真]

特色

学校創立以来100年の伝統

[写真]

1908年(明治41年)の多治見裁縫女学校創立以来の伝統を受け継ぐ科です。近年は全体の3分の1が就職していますが、専門学校をはじめ大学や短期大学へ進学する生徒も増えています。一人ひとりの進路希望を実現するために、教師陣も全力で支援します。

時代のニーズに応える技能と知識

[写真]

専門科目のファッション造形では、基礎的な知識や技術への理解を深め、3年間を通して和裁と洋裁の技術の習得を目指します。また、ファッションデザインの授業では、自分らしさの表現方法を習得するなど、時代に対応できる知識を習得することもできます。

ファッション造形

[写真]

1・2年次に「和裁」「洋裁」の基本的な知識と技能を取得し、3年次には卒業作品となる着物やドレスを製作し、ファッションショーでその成果を披露します。

課題研究

[写真]

被服製作における基礎的知識や技能の定着を目的に、「全国高等学校家庭科被服製作技術検定」の取得をめざします。1年次には4級・3級、2年次には「社会に対応できる職業人・スペシャリストをめざす」2級・1級を取得できます。


ページの
先頭へ